院長挨拶

当院の理念・目標

地域住民の健康と安寧を確保し、維持すること

鴨川市立国保病院は昭和二十年代に内科医、外科医それぞれ一名のみの山の中の小病院としてはじまり、当初は牛車で往診などしていました。現在は今の形の病院として、微力ながら地域の医療に尽力させて頂いております。
内科、整形外科を中心として地域の皆様の健康増進のお役に立てれば、それが我々の喜びとなります。今後も職員が一丸となって頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。